--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月11日

●夏の思ひで@大内宿&川治温泉

こんだけ暑いと『涼』を求めてどこか旅に・・・
なもんで先日、福島県南会津方面に行ってまいりました!

我が家からだと国道4号をひたすら東北方面に。
小山、宇都宮、那須を通り過ぎ、福島県に入ってすぐの白河から山間部へ。
ひたすら山道を走ること1時間チョット、最初の目的地『大内宿』に到着!

resize0503.jpg

『大内宿』は江戸時代に栄えた宿場町だそーで、街道の両脇には堀に水が流れ、茅葺きの民家が当時の面影を残して並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

resize0507.jpg

堀にはトマトやラムネなど豪快に冷やしてあります。
水に触ってみたけど、冷たくって気持ちイイ!

resize0504.jpg

街のハズレの小高い丘には神社があって、街並み全体が見渡せるベストスポットが!

resize0486.jpg

イヤ~、壮観です!
街自体は観光地化されているんだけど、のんびりした雰囲気は残されております。
モチロン、美味しいモノも盛り沢山!
ちょこちょこと食べ歩きしながら散策です。

resize0487.jpg

『トチの実大福』と『百草茶』

resize0505.jpg

名物みそが香ばしい『焼き饅頭』

resize0506.jpg

うまみ濃縮『山の赤ぶどうジュース』
その他にも手づくり『おからドーナツ』やこの土地ならではの『十念ゆべし』等、食いしん坊にはたまらないおやつがイッパイ!
あと、有名な『ねぎそば』ってのがあったんだけど・・・お腹がムリでした。残念。

大内宿を後にして次に向かったのがココから程近い場所にある絶景スポット。

resize0488.jpg

『塔のへつり』です!
「へつり」とは地元の方言で険しい崖のことだそーで、どーすればこーなるの?といったえぐれ方をしている崖が並んでおります。
ちなみに国指定の天然記念物です。

resize0508.jpg

つり橋で崖に渡ることが出来ます!
崖にはほとんど手すりも無く、足を滑らせれば数十メートル下にって事も・・・ちょっとビビリました。
崖の中には神社も。

resize0489.jpg

ありがたく拝ませていただきました。

そして次はいよいよ本日の宿がある栃木県は川治温泉に向かいます。
2時間弱のドライブ。山道を走ると温泉街が開けてきます。
順調に到着!
お世話になる宿はコチラ『お宿 東山閣』です!

resize0492.jpg

宿自体、新しくはないけど、部屋は広くて清潔!
夕食まで時間があったので、チョット周辺を散策することに。
すると、なにやら人だかりを発見!

resize0490.jpg

お肉屋さんです!
なにやらウマそーな雰囲気。
名物コロッケをいただくことに!

resize0491.jpg

揚げたて、外はサクサク、中はホクホク、野菜がジューシー!
名物と謳うだけあります!

コロッケをかじりながら川沿いを歩いたり、山を眺めたり・・・
川治温泉は鬼怒川温泉みたいに見所や遊びスポットは無いけれど、静かにのんびりと温泉を楽しみたい人にはとても良い感じ!
どーしても騒ぎたい方にはこんな遊び場もあるみたいなんで・・・

resize0509.jpg

モチロン行ってないんで自分で確かめてみて下さい。

散策して汗もかいたのでまず一回目の温泉に!
やっぱり目指すは露天風呂!
岩風呂に浸かればも~極楽!
うっかり長湯でのぼせそーです。

温泉からあがったら夕食です。
口コミ等で聞いてはいたが、山の美味いモノが盛り沢山!

resize0493.jpg

山菜や川魚をつかった寿司

resize0494.jpg

鮎の塩焼き

resize0495.jpg

炭うどん

その他にも煮物、鍋物、天ぷら、等々・・・どれをとっても美味!
食べきるのがやっとなくらい!
も~大満足です!

お腹も満たされ、部屋に帰って横になるといつの間にかうとうと・・・
ふと目が覚めるともう夜中。
起きたついでにもう一度温泉に入って、床についたとさ。

1日目終了!
暑さを逃れる為の旅だけど、結局、山も結構暑くて・・・
だけど、山の暑さはなんだか気持ちイイネ!
特に木陰なんかはとてもさわやか!
2日目も『涼』を求めて何処かへ・・・
スポンサーサイト

main

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

from 温泉GO!GO!ガイド
川治温泉川治温泉(かわじおんせん)は、栃木県日光市(旧国下野国)にある温泉。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL [Read More]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。