--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月30日

●フラッシュ!チェスト!

新課題、始めました!
次に製作するのは『チェスト』です。
そして初の『フラッシュ家具』
これまでの無垢の加工とは勝手が違います。

ここで簡単に『フラッシュ』の説明を。
家具にもいろんな構造があって、その一つがフラッシュ。
家具を構成する板材を例に挙げると、『無垢』は木材そのままのモノ。
かたや『フラッシュ』は内部に中空の部分があるモノ。
てゆーのは、まず芯を組んでそれに合板を圧着させて板材にするからなのです。
あとはこれらの板材を組んで家具にしたものが『フラッシュ家具』
中空なだけに軽く、反りがほとんど無く、資源の有効利用にもなっているなかなかの優れモノ。
一般的な家具量販店で売られているモノの大多数がフラッシュ家具ではないでしょうか。
家具製作を志す者としては避けては通れないですね。

いざ製作に。まずは芯を組みます。
今回は前年度使用したラワン材を再び活用。
つくりたい板厚に合わせ芯の厚さを決め、板と板の接合部にも芯が入るよーに考えて・・・
こんな感じになります。

20071030132053.jpg

左が側板。右が天板。
他にも棚板、地板等を組みました。
組み終わったらコレに合板をボンド付け。
プレスにかけてボンドが乾いたら板材の出来上がり!となるわけです。
明日には板材になって、それぞれの加工に入って行きますよ!
スポンサーサイト

main

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。