--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月14日

●鑿裏押し

そうそう、先週の土曜日におためしハウスクリーニングとゆーのをやってみました!
その時業者の方が使ってた掃除機がスゴイのなんのって・・・
普段使っている掃除機じゃ取れない、カーペットの奥の奥に潜んでいるハウスダストまでたたき出すスグレもの!
もーそれは真夜中の通販番組を見てるような感覚に・・・
ちなみにお買い上げするとウン十万とか・・・
・・・無理です!庶民はハウスダストに負けず生きていきます!

そんなこんなで月曜日がやってきました!
本日のAMは『生産工学』と『製図』の座学。

まずは生産から。
埼玉県西部地区、すなわちこの近辺の木工事情についての話。
この地域は『建具の一大産地』として全国的にも有名だが、現状としては明るいとは言い切れないとの事。
事業所数や生産額も事実、落ち込んでいる。
だが裏を返すと、事業所が減っているとゆー事はその工場や機械が宙に浮いている可能性があり、独立するうえで設備等の受け皿は揃っているかもしれないし、近辺住民の木工に対する理解もあるのでやりようによっては十分やっていける土地である事。
・・・等々。
明確なビジョンを持ってこれから自分のやっていきたいものづくりを実践していけば、道は無い事は無いはず・・・
・・・とにかく今は技術習得です!

次に製図。
簡単な木片を製図する練習。
本格的な製図らしい練習に入りました!

PMは実技。
先週に引き続き手ごわい鑿達の仕込み、裏押しをします!
鉋刃の裏押しと手順は一緒。
まずは金砥石に金剛砂と呼ばれる粉末を撒き水を数滴たらします。

20070514131931.jpg

で、この金剛砂をすり潰すよーに裏を押し当てて研ぎます。

20070514131955.jpg

写真は撮影上片手ですが、本来は左手でしっかりと押さえ研ぎまくります!
研いでいくと金剛砂も粒がなめらか~になり水分も乾いてきます。
そして裏が鏡面で平面になればOK!

20070514133243.jpg

ちょっとピンボケですが研ぎの途中経過。
ちなみに判るでしょーか?刃の右上角の色が違うのが!
この部分、刃裏が反り返ってるんですよ!
出来ることならこの部分が無くなるまで裏押しすべきなんですが、あとはしのぎ面の研ぎでどーにかします・・・

そんなんで今日は終了。
半日、裏押ししか出来ませんでした・・・
スポンサーサイト

main

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。